menu

西井米穀店

京都府木津川市山城町上狛的場15

TEL.0774-86-2119

日本全国の良質なお米を取り揃えております。

京都府の最南端、木津川市。土地の特徴である寒暖差を利用し、できるだけ化学肥料に頼らずに米作りが行われています。そんな豊かな土地で丁寧に育てられている品種はヒノヒカリ。粒は小さいながらも厚みがあり食べ応えも良く、どんな食材とも相性抜群。当店では山城産のヒノヒカリを中心に、日本全国の良質なお米だけを厳選してお届けしております。

同じコシヒカリでも、毎年地域によって天候、台風、生産者の技術などにより、驚くほど品質の差があります。だからこそすべてのお客様に『おいしい!』をお届けするために、当店では全国の生産者、米問屋から良質のお米を厳選して仕入れております。また、選別機などの機械も最新型を導入し、お米をより美味しく仕上げる努力もしております。
お買い求めやすい京都山城産のヒノヒカリ、炊き上がった艶と豊かな甘みの山形県産つや姫、誰もが認める日本一の米、新潟県魚沼産コシヒカリなど、当店では美味しいお米を毎日ご賞味頂きたいという志を持って励んでおります。

毎日の食卓に美味しいお米を。

■お米の保存期間の目安
精米は「賞味期限表示」ではなく精米を行った「精米年月日」を表示しております。精米(商品)の保存期間としては、精米から1ヶ月以内が目安です。あくまでも目安ですが、1ヶ月前後で食べ終える量を買うようにすると、品質が良い状態でご賞味いただけます。

■美味しくご飯を炊くポイント
お米に水を入れ、サッとかき混ぜ、すばやく水を捨てます。時間をかけると「ぬか」の臭みがお米に移ってしまうので2~3秒以内で行ってください。これを2~3回繰り返します。
水を少なめにして、軽く指を立てるように手早く短時間でかき回すように研ぎます。これを2~3回繰り返してください。
研ぎ終わったら、水がきれいになるように軽く混ぜながら水を何回か取りかえてください。

■POINT 1
お米を研ぐ際に、ゴシゴシと力を入れる必要はありません。今のお米は精米機の性能がアップし、昔のお米とぬかの付き方が全く違うからです。

■POINT 2
研ぎ水は出来るだけ冷たい水を使ってください。温かいお湯だと、研ぎ上がりがガサガサになってしまい、味が損なわれてしまいます。